clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

⑪のら猫えんちゃんばんちゃん日記

この日記の始まりはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.clover-k2017.com

 

8月21日(水)

 

ボクえんちゃん。

えんちゃんって言う名前なんだけど、男の子なんだ。

ボクのおかあは、ばんちゃんって呼ばれているよ。

昔はチビって呼ばれていたんだけど、改名したんだ。

って言うか、隣のおばちゃんのうちに食事をもらいに行ってた時に、隣のおばちゃんからそう呼ばれていたの。

顔が小さいからチビだって。

 

で、この家で食事をもらうようになって、

この家の恵子おばちゃんが、ばんちゃん、えんちゃんってつけてくれたの。

もう長いことそう呼ばれているから、なんとなく、

あ、ボク呼ばれているのかな?ってわかってきたんだ。

でも、すぐにニャー(はい)って言ってやらないんだ。

でも、気が向いたらニャーってお返事するよ。

だってボク猫だからね。

猫ってそう言うものだろ?

みんなは、犬は素直で猫は自分勝手って言ってるだろ?

猫の方が犬よりも印象が悪くなってるんだ。

それはなんでなんだろう?

だってみんな、したくない時は、したくないだろ?

したい時はしたいし。

自分に正直なだけなんだ。

自分勝手なんかじゃないよ。

嫌な事をされたり、しろって言われたらストレスが溜まっちゃうよ。

あ、ストレスって難しい言葉よく知っているねって思った?

かあちゃんから教えてもらったんだ。

なんか、心の奥の方がもやもやしてきて、

破裂しそうになるのって何なの?って聞いたことあるの。

そうしたら、おかあはそれのことを人間は

ストレスって言ってるって教えてくれたんだ。

おかあってなんでも知ってるのさ。

すごく賢いんだよ。

でも、おかあも沢山ストレスはあるんだって。

今なんて、おかあストレスだらけだよ。

ボクはこの家に閉じ込められている事に慣れてしまったけれど、

おかあはまだまださ。

だってこの家に閉じ込められて3日目なんだから。

でもなんで、ボクとおかあは閉じ込められるのかな?

まあ、ボクはここに居たらすごく楽になってきたよ。

すごく慣れてきたよ。

だって、家中ほとんど自由に歩き回れるし、

食事の心配も無いし、暑いとか雨とかの心配も無いからね。

ただ、外にいる時のようにすごい勢いで走り回る事が出来ないから

それが、今のボクのストレスかな?

でも、おかあとか、物を相手にして、すごく暴れまわったらスッキリするよ。

おかあは外にいた時のように、あまり相手にしてくれないんだけどね。

おかあも、暴れたら少しはストレスが無くなるんじゃ無いかなと思うんだけど。

でも、おかあ外に出たいばっかり思ってるから、

ストレスがどんどん溜まってるんだ。

でも、時々寝るところの近くにあるダンボールを噛んだり、

蹴ったりして、ストレス発散してるよ。

 

あ、またおかあがカーテンの端の方に行ったよ。

ほら、またカーテンの裏に入って上に跳ねたりしてる。

よっしー!!!

かあちゃんに飛びつくんだ。

それ!!!ジャーンプ!!!

かずチンも、「えん、行け〜!!!」

って言ってる。

まだおかあ、頑張ってジャンプしてる。

カーテンが動くからすごく楽しいな〜!

それ!!!ジャーンプ!!!

かずチンまだ「えん、もっと行け〜」って言ってる。

よっしー!!!

ガブガブガブガブ

あ、おかあたまらず出てきちゃった。

でも、カーテンから出ても、まだ、飛び上がってるんだ。

 

しんどくなったら、休憩して、そんな事を何度も何度も繰り返してたな。

ボク、眠ってしまって、おかあがドーンと飛び上がるのを

見れない時もあるんだ。

残念だけど、おかあと遊べなくて、残念なんだけど、

眠い時は起きれないや。

そんな時は、かずチンがずーっと見て、

おかあを落ち着かせるように話しかけてたよ。

落ち着いてきたら、かあちゃんがニャーニャーって言って、

かずチンがおかあを抱いて、外を見せてたよ。

ニャーニャーニャーニャー、おかあが抱かれてるんだよ。

すごいなあ。

おかあよく抱かせたよね。

かずチン、ただ者じゃないね。

それに、お腹を撫でさせてるよ。

おかあ、どうしちゃったのかな?

f:id:kurouver-k:20191014095631j:plain

あ、また眠たくなってきちゃった。

 

f:id:kurouver-k:20191014095655j:plain

おかあが寝る場所の近くで寝るんだ。

f:id:kurouver-k:20191014095714j:plain

おかあ、階段の下の隙間が大好きなんだ。

でも、最初はボクが見つけたところなんだけど、おかあに譲ってあげたんだ。

ボクはどこでも眠れるからね。

 

あ、また元気になっておかあが起きて来たよ。

f:id:kurouver-k:20191014095729j:plain

おかあ、今度は、カーテンの裏に行かないのかな?

f:id:kurouver-k:20191014095749j:plain

ボク、それを待ってるんだけど、、、

f:id:kurouver-k:20191014095808j:plain

あ、挟まっちゃった。

これ、台所にあったはずなんだけど、かずチンがおかあのために

上に上がってよく見えるようにここに持ってきてくれたんだ。

 

あ、お腹がすいてきた。

ご飯を食べたら、少し休憩して、

f:id:kurouver-k:20191014095842j:plain

あ、またおかあ始まったよ。

f:id:kurouver-k:20191014095908j:plain

外に出たいなあっておかあ思ってるんだろうな。

この上からだと外がよく見えるんだ。

 

f:id:kurouver-k:20191014095930j:plain

かずチン、おかあを抱き上げて外を見せるようにしてから、少し腕が痛くなったんだって。

少しずつだけど、おかあの引っ掻いた手もましになってきたみたい。

 

おかあ、外に出たい病以外の時は、ボクのデビル君に付き合ってくれるんだ。

ボク、すごい勢いで階段をダーって登って行って、また駆け下りるのが大好きなんだ。

おかあ、ボクの後について、ダーって登ってダーって降りるの。

でも、ボクはすごい音を立ててしか登り降りできないんだけど、おかあってすごいんだぜ。

風のようにボクの後を駆け抜けるのさ。

 

でも、ボク階段の段数を、間違えて、上から3段目くらいから落ちた事があるんだ。

 

ドーンって言ったもんだから、かずチンと恵子おばちゃんはびっくりしてたけど、ボクはへっちゃらさ。

少しびっくりしたんだけど、痛くは無いんだ。

絶対にどこかをぶつけたりするんだけど、楽しく駆け回ってる時には、痛さなんて吹っ飛んじゃうんだよ。

でも、おかあは早いよ。

風のように走れるの。

ボクはすごい音をさせてしか無理なんだけどな。

ボクもおかあみたいに大きくなったら、風のように登り降り出来るのかな?

出来たらいいな。

まあいいや。

ドンッ!!!ドンッ!!!って音を立てて登り降りするのもすごく楽しいものなんだぜ。

だって、なんだか恐怖的だろ。

おかあ、外に出たい病早く治って、慣れちゃって、いつもボクと一緒に遊んでくれないかな。

早くそうなると嬉しいんだけど。

この家もいいもんだよ。

 

あ、また眠くてなって来た。

 

f:id:kurouver-k:20191014095949j:plain

おかあの見えるところで寝ようかな?

f:id:kurouver-k:20191014100032j:plain

f:id:kurouver-k:20191014100102j:plain

ボクも安心だし、おかあも安心して眠れるの。

f:id:kurouver-k:20191014100149j:plain

おかあ、ボクの事がすごく心配みたいなの。

 

寝てる時に違うところに行って遊んでたら、凄い勢いでニャーってボクを探し始めるんだ。

f:id:kurouver-k:20191014100212j:plain

f:id:kurouver-k:20191014100238j:plain

f:id:kurouver-k:20191014101033j:plain

f:id:kurouver-k:20191014101055j:plain  

お休みなさい。

 

8月22日(木)

 

おかあの体重、3.6k gなんだって。

なんだかかずチン、おかあを抱いて、何か四角い物に乗るんだ。

そうして、おかあを下ろしてまた四角い物に乗ってた。

なんで重さなんて測るのかな?

 

f:id:kurouver-k:20191014101839j:plain

f:id:kurouver-k:20191014101853j:plain

おかあ、また外に出たいみたい。

台の下に潜ってる。

f:id:kurouver-k:20191014102112j:plain

ボクは暴れたいんだよ。

おかあ相手してくれないの。

f:id:kurouver-k:20191014102133j:plain

お外ばかり気になってるんだ。

f:id:kurouver-k:20191014102154j:plain

よし、ボクも登っちゃうんだ。

f:id:kurouver-k:20191014102222j:plain

おかあ、ボクの事が気になって

f:id:kurouver-k:20191014102252j:plain

すぐにボクの方に来るの。

f:id:kurouver-k:20191014102352j:plain

狭いのに〜。

 

f:id:kurouver-k:20191014102438j:plain

おかあ、あっちへウロウロこっちへウロウロ

落ち着かないね。

f:id:kurouver-k:20191014102458j:plain

おかあと一緒に外を眺めたら、いろいろ思い出すんだ。

外で暮らした日のこと。

この前の事なんだけど、長い時間が経ったように感じるよ。

 

また、デビル君になって、おかあと階段の追っかけっこしたり、食事したり、毛づくろいしたり、おかあが外に出たい病になったりしてたら、すぐに夜になっちゃうよ。

f:id:kurouver-k:20191014102540j:plain

なんだか、気になるのがぶら下がってるんだ。

f:id:kurouver-k:20191014102637j:plain

f:id:kurouver-k:20191014102655j:plain

ほら、すごく気になるよ。

f:id:kurouver-k:20191014102715j:plain

取れたよ。

f:id:kurouver-k:20191014102739j:plain

おかあ、外に出たいって窓のそばに座ってるから邪魔なんだけど。

ぶらぶらしてて、楽しいんだ。

おかあ邪魔なんだけど、遊んじゃえ。

 

お、眠くなってきちゃった。

 

f:id:kurouver-k:20191014102806j:plain

もう寝るよ。

f:id:kurouver-k:20191014102819j:plain

おかあも、疲れたね。

一緒に寝ようね。

 

パート⑫はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.clover-k2017.com