clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

⑰のら猫えんちゃんばんちゃん日記

この日記の始まりはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.clover-k2017.com

 

9月4日(水)

なかなか眠れないよ。

かあちゃんがいない。

ボク、かあちゃんが帰ってきたらすぐに気が付けるように、

お部屋の入り口で寝るんだ。

あ、恵子おばちゃんが降りてきた。

いつも夜中にトイレに起きるんだ。

いつもだったら覗きに行くんだけど、今日はそんな元気ないや。

ボク、元気無くなって死んでしまうのかな?

恵子おばちゃんが、「えんちゃん、おやすみ」って言って、上がって行ったよ。

いつもだったら一緒に上がるんだけど、そんな元気ないんだ。

 

少し寝たのかな。

かずチンが起きてきて、「えん、おはよう。」

って言ってる。

かあちゃんに会いたくて、高いところで寝てたみたい。

あ、なんだかお腹空いたよ。

元気なくてもお腹は空くんだな。

ニャー、かずチンに餌をねだったら、「これか?」って言って、くれたよ。

カリカリ美味しいな。

元気無くても、おなかは空くんだね。

でもおかあが明日は帰って来るって、恵子おばちゃんが言ってたのに、なんでかあちゃんは帰ってこないの?

f:id:kurouver-k:20200122151918j:image
f:id:kurouver-k:20200122151912j:image

ニャー、ニャー、おかあ、外に出たら会えるかな?

ニャーニャー

外に出ておかあに会いに行くの。

ニャーニャー!!!

でもかずチンと恵子おばちゃんは出してくれないの。

おかあ、明日になったら帰って来るって恵子おばちゃん言ってたのに、明日の今日になったのに帰って来ないよ。

ボクが探しに行くよ。

かあちゃん、まっててよ。

ニャーニャーニャー

 

 

かずチンと恵子おばちゃんが、出て行った。

待ってて、、、、、

って言ってた。

 

 

f:id:kurouver-k:20200122152118j:image
f:id:kurouver-k:20200122152107j:image
f:id:kurouver-k:20200122152059j:image
f:id:kurouver-k:20200122152103j:image
f:id:kurouver-k:20200122152113j:image
f:id:kurouver-k:20200122152111j:image

 

 

 

ボク待ってた。

なんだか、おかあの声が聞こえるよ。

ニャーニャーニャー

恵子おばちゃんが帰って来た。

おかあの声が聞こえるよ。ニャーニャーニャー

おかあがケースに入って帰って来た。

ニャーニャーニャー

ニャーニャーニャー

あ、おかあがボクを呼んでる。

ニャー!ニャー!ニャー!

おかあ、大好きだ。

ケースから出たおかあは、ボクを舐めてくれて、すぐに階段下に。

f:id:kurouver-k:20200122152001j:image

なんだか疲れてるみたい。

すぐに寝だしたよ。

ボクもおかあを見て安心して、眠たくなったよ。

 

寝て、寝て、寝て、おかあとじゃれて、

寝て寝て寝て、また、おかあとじゃれて。

おかあと一緒にすごく眠ったよ。

f:id:kurouver-k:20200122152209j:image

そのうち2階へ行ったんだ。

おかあ、帰ってきて全然ご飯食べなかったの。

ボクは、途中お腹が空いて、ご飯食べたんだけど、おかあは眠ってばかりだったの。

お腹空かないのかな?

って思ってたら、夕方くらいに一緒に食べたの。

やっぱりおかあと一緒に食べるご飯は美味しいな。

でも、おかあ少しだけしか食べないのね。

そして、おかあ外に向かってニャーニャーニャー言いだしたよ。

ニャーニャーニャー。

f:id:kurouver-k:20200122152305j:image
f:id:kurouver-k:20200122152257j:image

おかあ、やっぱり外に出たいのかな?

おかあと一緒がボクはいいな。

それで、おかあに擦り寄って行ったの。

すりすり、おかあボクをなめてくれるんだ。

ボクもおかあをなめてあげるね。

おかあ、台所に行ったからまたボクもついて行ったんだ。

恵子おばちゃんもついてきて、おかあを撫でていたよ。

何か言いながらおかあを撫ででたんだ。

きっと、

「頑張ったね、一緒に住もうね。ごめんね。、一緒に、住もうね。」

っていってたんだね。

おかあも恵子おばちゃんの声をすごく聞いていたんだ。

おかあも本当はこの家でボクとかずチンと恵子おばちゃんと一緒に住みたいんだよ。

でも、やっぱり外に出たくなることがすごくあるの。

だって、ボクだって外に出たいなって思うことがあるんだから。

そんな事を考えていたら、なんだか身体が勝手に動きだしたよ。

なんだか暴れたくなっちゃったよ。

昨日そんな気にあまりなれなかったから、今日は強烈に暴れたいんだ。

だからおかあと一緒に暴れたの。

おかあもボクに相手してくれて、いつものように暴れたの。

1階だけじゃ足りないから、階段をダッシュで登って2階まで行って、じゃれ合いっこするの。

でもおかあ、やっぱりしんどそうだね。

 

しばらくしたらかずチンと恵子おばちゃんは寝る用意をして2階に上がって行ったからボクもついて行ったの。

でも寝るつもりなんか無いから、バタバタ暴れていたんだ。

ダンボールの中に入って、ガリガリとダンボールをかじるの。それでダンボールの切れ端をぽいぽいと放り投げるのが好きなんだ。

おかあも2階に登ってきたから、おかあに攻撃を仕掛けたら、何度かやっている内におかあ、シャーって言ってボクを怒ったんだ。

やりすぎたのかな?

少し反省したんだけど、やっぱり嬉しいから暴れたいんだ。

おかあと一緒は嬉しいな。

おかあにもそれを伝えなくちゃ。

だからまたおかあに攻撃して行ったんだ。

おかあ、1階に行っちゃうからだーって追いかけて行ってしばらく1階で暴れてたの。

そのうち眠くなって知らないうちに眠ってた。

 

少ししたら、恵子おばちゃんいつものようにトイレに起きてきたよ。

ボクはその時、1階の扇風機のところで寝てたんだ。

おかあは階段の3段目のところで寝ていたよ。

 

少し寝たらまたおかあがニャーってボクを呼ぶからまた暴れたくなっちゃったよ。

2階で暴れてたら、なんだか恵子おばちゃん眠りにくいみたいで、何度も寝返りをうってたよ。

まあ、かずチンと恵子おばちゃんの枕元で暴れてたから、うるさいよね。

でも、ボクは嬉しいからバタバタおかあと遊んでたの。

また眠くなってきて、今度は恵子おばちゃんの隣で眠ったよ。

少しの間だったけどね。

 

パート18はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓