clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

バンコクで行ってよかった観光地ベスト3

タイにはいろいろな観光地があります。

今まで行ってきた観光地(寺院を除く)で

これは・・・

と思った観光地をご紹介いたします。

 

 

1 エラワン博物館

 2011年10月に行った時の写真です。

 

f:id:kurouver-k:20190130094537j:plain

内部は3層に分かれていて、


下は大富豪レック・ウィリヤパン氏が収集した古美術品を展示。


台座部分は、象の胴体へ上がる階段と柱があって、東西の美術様式を使って、


緻密な装飾が施されている。


そして、一番上の胴体部分は、壁一面に宇宙を描いたドームになっていて、


数百年~千年の歴史を持つ仏像が保管されてるとのこと。

 

台座を合わせて、43.6m(象本体は29m)

 

 

 

f:id:kurouver-k:20190130094603j:plain

 

入る前に、タイでは珍しい自動販売機発見!!!

  15バーツ~20バーツでした。

 

f:id:kurouver-k:20190130094615j:plain

鯉の餌、売ってました。

f:id:kurouver-k:20190130094711j:plain

ここ、鯉とカメがいました。

f:id:kurouver-k:20190130094750j:plain

こんなところを通り抜けて。

f:id:kurouver-k:20190130094803j:plain

 

入場料は300バーツ(大人)

    150バーツ(子供)

 

f:id:kurouver-k:20190130094818j:plain

 

 

古美術品の下の部分、撮影禁止でした。

 

f:id:kurouver-k:20190130095820j:plain

台座部分へ移動。

f:id:kurouver-k:20190130094830j:plain

f:id:kurouver-k:20190130094843j:plain

この階段の周囲に施された装飾は、

色とりどりのベンジャロン焼きを細かく砕いて、

モザイク状に貼り付けたものなんだって。

階段だけで、6年の年月を費やしたそうです。

 

f:id:kurouver-k:20190130094856j:plain

f:id:kurouver-k:20190130094926j:plain

f:id:kurouver-k:20190130094938j:plain

このステンドグラスはドイツ人の職人が担当して、

ドイツでガラスを焼いてタイに持ち込んで、

ここで、組み合わせたものなんだって。

 

f:id:kurouver-k:20190130094951j:plain

f:id:kurouver-k:20190130095011j:plain

人工的だな~~~って思ったのに、すごくチープな感じを受けなかったのは、


やっぱりそれなりの作り方がすごかったんだなって今思えます。

 

f:id:kurouver-k:20190130095054j:plain

 

上へ移動します。

(この時は、目に来る匂いがしてました。

今はしてないと思います。

何か塗り替えた後だったのかな???)

 

f:id:kurouver-k:20190130095109j:plain

f:id:kurouver-k:20190130095121j:plain

窓からの景色

f:id:kurouver-k:20190130095133j:plain

途中の置物

 

螺旋階段を登って上は。

 

すごい~~~なんだか感動的でした。

 

 

f:id:kurouver-k:20190130095203j:plain

 

周りの仏像は写真撮影禁止なのでご注意を。

 

周りの仏像と、この仏さんの相乗効果がすごい感じを出していました。


一見の価値がありますので、是非お勧めしたい場所です。

 

f:id:kurouver-k:20190130095833j:plain

タイの各曜日の神様。

 

 

f:id:kurouver-k:20190130095846j:plain

すごい迫力。

 

f:id:kurouver-k:20190130095904j:plain

 

エラワン博物館

地域- サムットプラカーン

住所- 99/9 Moo 1 Sukhumvit Road | Bangmuangmai, Samut Prakan 10270, Thailand

営業時間- 9:00~19:00(無休)

料金- 300バーツ(大人)150バーツ(子供)

電話番号- 02-371-3135-6

FB- ここ

最寄り駅-  BTSオンヌットから車で20~30分(渋滞なしの場合)

 

 

www.google.com

 

 バンコクから運転手付き自動車チャーターが便利です。

 

おすすめのツアー会社

アクセスTツアー

 

2 メークロンの折り畳み市場

 

2013年6月の写真です。

f:id:kurouver-k:20181210101802j:plain

 

この方、警察官の方。

 

 

 「観光客が増えて来て、こんな風に記念撮影に応じる事が多くなったから、

 

すごく慣れてきた。」っておっしゃってました。

 

やっぱりすごい観光客の数ですよね。



 

f:id:kurouver-k:20181210101957j:plain

メークロン

 

f:id:kurouver-k:20181210102054j:plain

 

列車が出ます。

 

f:id:kurouver-k:20181210102448j:plain

f:id:kurouver-k:20181210102510j:plain



凄い観光客の数~~~

  

凄いヒーローです。

 

f:id:kurouver-k:20181210102646j:plain

 

みんながカメラを構えてフラッシュの嵐~~~

 

f:id:kurouver-k:20181210102728j:plain

 f:id:kurouver-k:20181210102810j:plain

 

列車は行ってしまった。

 

私が経験したのは、バンコクから電車でメークロンまで行ったから、

折り畳みの市場の様子がわかりずらいですね。

 

メークロンの折り畳み市場は、よくテレビなどで紹介されてますので、

知ってらっしゃる方は多いと思います。

知らない方に、説明いたしますね。

バンコクからメークロンまでは、車で1時間強ほどなのですが

電車で行くと乗り継ぎになり、乗り継ぎの間の移動も結構かかるので

3時間くらいになります。

バンコクのウォンウィエン・ヤイ駅-マハーチャイ駅間は

電車は結構な本数があります。

マハーチャイ駅-バーンレーム駅まで歩きと渡し船で移動

バーンレーム駅-メークロン駅間は

電車が4往復くらいしかないので、

メークロン駅の線路周辺の市場は、線路の上で商売をしています。

電車が来たり出たりするたびに、線路の上のものを片付けて

電車が通っていく、それも市場の品物が電車のすれすれを通っていく

という光景に驚き楽しみ、

そんなところを実際に見たり撮ったり動画にしたり、

そんな楽しさのあるところです。

 

バンコクから車で行って

その風景を見ることもいいかもしれませんが、

バンコクから電車を乗り継いで、

メークロンの折り畳み市場まで行くのがすごくおすすめです。

 

バンコクナビさんのブログが丁寧に書かれてますので、リンクしますね。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

www.bangkoknavi.com

 

 私が行った時のブログです。

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

kurouver-k.hatenablog.com

 

 行き方-①戦勝記念塔近くの乗り場でロットウー(ミニバス)

    で約1時間で70Bほど

    ②ウォンウィエン・ヤイ駅~メークロン駅まで電車

    で約3時間で30Bほど

    ③運転者付きチャーター車で

 

 

www.google.com

 

 

3 アムパワーの蛍ボートツアー

 

 

f:id:kurouver-k:20181210135312j:plain

 

 

f:id:kurouver-k:20181210135602j:plain

 

f:id:kurouver-k:20181210140411j:plain

 

アムパワーは、メークロン駅からソンテウで20分ほどの距離にあるので、

メークロンに行かれた時についでに観光がおすすめです。

アムパワーの水上マーケットは、

毎週金土日の週末限定で、

オープンは15:00から21:00の間のみです。

古い伝統家屋や長屋が残り、

地元住民も昔ながらの水上生活を続けていることから、

そんな雰囲気を感じようと

観光客が訪れる場所です。

 

全長およそ500mのアンパワー運河の両岸には、

おみやげ屋やタイ料理をはじめ地元のスイーツのお店、

タイ式コーヒーの屋台にいろいろなお店がひしめきあっています。

 

水辺で食事するのも楽しいですよ。

 

アムパワーの蛍ボートツアーは、

ここから発着していて、

おすすめの期間は5月〜10月です。

蛍といっても日本の蛍の感じとは違っていて、

いっせいに光るので、

まるでクリスマスのイルミネーションのようです。

 

ボートツアーに乗り込んで、最初は民家の灯りが明るすぎて、

蛍の光が見えにくいんだけど、

最後の方は少し暗っぽいところに行ってくれるので、そこが見所ですね。

乗り合いボートでは、60バーツほどです。


アンパワー水上マーケット ←(グーグルマップ)
営業時間-毎週金土日の週末のみ 15:00~21:00
住所-Amphawa, Samut Songkram
アクセス-南バスターミナルから[BKK-Amphawa-Damnoen Saduak]路線のバス。アンパワーで下車、徒歩約15分。

 

 

アンパワーには素敵な水辺のお宿も沢山あるみたいなので、

1泊2日でメークロン駅とアンパワーの観光なんていうのも

おすすめです。

 

今度、きちんとリポートしてきますね。