clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

キングスパワーとエラワン象博物館-タイの旅(2011年10月)パート10

(2019.3.4更新)

 この旅ブログの始まりは

    ↓ ↓ ↓

kurouver-k.hatenablog.com

 

 

 

 登場人物:私・かず(親友)・きんかんさん(友人)・高橋さん(アクセスTツアーの社長)

 

 

1バーツ=2.6円

(2011年この時のレートで計算しています。

(注釈:2011年10月タイ全域で大洪水がおこり、日本でも寄付金募集されてました。

   この記事は2011年11月17日に書かれたものです。)

  

 

 

1 プリンスパレス・ホテル散策

 

最寄りはセーンセーブ運河ボートのボーベー市場(Bobe Market)船着き場から歩き2分

 

 

www.google.co.jp

 

 Booking.com

ホテルズドットコム

agoda

エクスペディア

トリップアドバイザー

 

 

10月10日(月)


バンコク4日目
PPHの朝食チケットです。

f:id:kurouver-k:20190304174911j:plain

PPHでの、最後の朝食を食べて、

 ツアーの出発まで、少しの時間でホテルの散策をしました。

f:id:kurouver-k:20190304175005j:plain

プールバーの近く

f:id:kurouver-k:20190304175040j:plain

 プールバーのメニューが・・・

f:id:kurouver-k:20190304175116j:plain

噴水もいい雰囲気

 この日も雨だったんです。

f:id:kurouver-k:20190304175210j:plain

f:id:kurouver-k:20190304175222j:plain

ジャグジーがあったんですね。

知らなかった~~~

f:id:kurouver-k:20190304175426j:plain

鯉が~~~

f:id:kurouver-k:20190304175518j:plain
プールバー開店準備してました。

 

f:id:kurouver-k:20190304175551j:plain

とうとう泳げなかったプールです。

 

f:id:kurouver-k:20190304175629j:plain

こんな感じ。

 でも雨がじとじと~~~。

 

f:id:kurouver-k:20190304175711j:plainf:id:kurouver-k:20190304175725j:plainf:id:kurouver-k:20190304175738j:plain

プールバーのところから上に上がると、

 

f:id:kurouver-k:20190304175900j:plain

こんな景色。セーンセーブ運河の隣に位置します。

 運河ボート発見。この運河ボートすごく面白いですよ。

 私達、9年か8年前に面白半分で乗った事あります。

 乗って座ってもないうちに動くので、それもすごいスピード、

時々運河にドボンって、落ちる人もいるとの事。

 

この運河ボート、もっぱら市民の足となってて、観光客0です。

(注:現在は観光客の足にもなって来ていました。)

プールバーを上から見下ろすの図

 

f:id:kurouver-k:20190304181258j:plainf:id:kurouver-k:20190304181319j:plainf:id:kurouver-k:20190304181422j:plain

エレベーター

f:id:kurouver-k:20190304181643j:plain

 

f:id:kurouver-k:20190304181710j:plain

 ここにも、ドリアン持ち込み禁止のマークが入ってました。

 お部屋の中のクローゼットです。

 

 

2 キングスパワーへ

 

9:30、アクセスTツアーの高橋さんと待ち合わせをしていながら、

 結局出発できたのは10:10でした。

 最近、高橋さん、ひどく暇だったらしく、

 私達のツアーについてきてくれました。

 本当は、ガイド付きになると高くなるんです。
運転手と車だけだと、10時間くらいで、ガソリン代、高速代全て込みで、

 3200バーツ(=8300円くらい)


本当は、この日、アユタヤ観光に行くつもりでしたが、

 ひどい洪水の為、行く先を急遽変更。f:id:kurouver-k:20190304181928j:plain

車もすごくゆったりの11人乗りの豪華車で、

のんびり移動~~~。


最初、きんかんさんが、是非とも行きたかった    

キングスパワーデューティーフリーへ寄ってもらって、

 私達、存在は知ってたけど、行ったことなかった。

 



f:id:kurouver-k:20190304182050j:plainf:id:kurouver-k:20190304182106j:plainf:id:kurouver-k:20190304182118j:plain

すごい、お金持ちの感じの建物だった。

 ついつい私も、便乗、買い物。

 ジムトンプソンのバッグ2つお買い上げ。

 ジムトンプソンって結構私のツボなんです。

 ショップを見てみると、なんだか買ってくださいとばかりに

 お気に入りのバッグが見つかっちゃいます。

 ブランドでありながら、値段がそんなに高くないのもすごくうれしいです。
買ったものお見せします。

 

すごくシンプルでいて、上品な感じがいいです。

f:id:kurouver-k:20190304183243j:plain

f:id:kurouver-k:20190304183253j:plain

このポシェット優れもの~~~

 外すことが出来るので、いろいろなパターンで持てるんです。

f:id:kurouver-k:20190304195550j:plain

 勿論タイシルク製

f:id:kurouver-k:20190304195619j:plain

 ここで、買ったものお持ち帰りできません。

 空港渡しなんだそうで、

 すぐにバッグ持ちたかったけど、

 お預けでした。 


もう一つ買ったもの

 マンゴスチンワイン

 これ、やっと見つけたんです。

 8年くらい前に発売されて、お店を結構まわって、買ったことがあります。

 でも、飲む前に、ガシャーンと割れてしまって、味わう事の出来なかった

 幻のマンゴスチンワイン。

 今回2本買って帰りました。

 でも、まだ家で眠ってます。

 実家にでも持って帰って年末辺りに味わおうかな~~~。

f:id:kurouver-k:20190304200110j:plain

 

雨模様の中、移動は続きます。

 

3 エラワン象博物館

  

エラワン博物館

地域- サムットプラカーン

住所- 99/9 Moo 1 Sukhumvit Road | Bangmuangmai, Samut Prakan 10270, Thailand

営業時間- 9:00~19:00(無休)

料金- 300バーツ(大人)150バーツ(子供)

電話番号- 02-371-3135-6

FB- ここ

最寄り駅-  BTSオンヌットから車で20~30分(渋滞なしの場合)

 

 

www.google.com

 

 バンコクから運転手付き自動車チャーターが便利です。

 

おすすめのツアー会社

アクセスTツアー

 

f:id:kurouver-k:20190304200244j:plain

でっかい象が見えてきました。

 

 

f:id:kurouver-k:20190304200322j:plainf:id:kurouver-k:20190304200348j:plain
高速を降りて、すぐのところ。
私達も初めての場所、

エラワン象博物館

12:10着

f:id:kurouver-k:20190304200502j:plainf:id:kurouver-k:20190304200531j:plainここ、内部は3層に分かれていて、

下は大富豪レック・ウィリヤパン氏が収集した古美術品を展示。

台座部分は、象の胴体へ上がる階段と柱があって、東西の美術様式を使って、

緻密な装飾が施されている。

そして、一番上の胴体部分は、壁一面に宇宙を描いたドームになっていて、

数百年~千年の歴史を持つ仏像が保管されてるとのこと。

今、説明書を読みながら、書き写しながら、象さんの中に居たのかと、

感動してます。
台座を合わせて、43.6m(象本体は29m)なんだって。

f:id:kurouver-k:20190304200712j:plain

入る前に、タイでは珍しい自動販売機発見!!!

私達、初めて見たかも~~~。 

 15バーツ~20バーツでした。

f:id:kurouver-k:20190304200816j:plain

餌、売ってました。やっぱり餌やりします。

 

f:id:kurouver-k:20190304200857j:plain

 ここ、鯉とカメがいました。

 

f:id:kurouver-k:20190304200929j:plain

こんなところを通り抜けて。

f:id:kurouver-k:20190304200959j:plainf:id:kurouver-k:20190304201013j:plain

下の部分、撮影禁止でした。           

で、、、

f:id:kurouver-k:20190304201223j:plain

台座部分へ移動

f:id:kurouver-k:20190304201312j:plain

この階段の周囲に施された装飾は、色とりどりのベンジャロン焼きを細かく砕いて、

モザイク状に貼り付けたものなんだって。

階段だけで、6年の年月を費やしたそうです。

f:id:kurouver-k:20190304201409j:plainf:id:kurouver-k:20190304201433j:plainf:id:kurouver-k:20190304201448j:plain

 このステンドグラスはドイツ人の職人が担当して、

 ドイツでガラスを焼いてタイに持ち込んで、ここで、組み合わせたものなんだって。

 

f:id:kurouver-k:20190304201611j:plain

f:id:kurouver-k:20190304201629j:plainf:id:kurouver-k:20190304201648j:plain人工的だな~~~って思ったのに、すごくチープな感じを受けなかったのは、

やっぱりそれなりの作り方がすごかったんだなって今思えます。
かず、疲れてるから、

きんかんさん、なんだかすごく嫌な臭いがするから、

上に上がらないと言われて、一人上へ移動。

 

確かに、目に来る匂いがしてました。なんだろう???

f:id:kurouver-k:20190304202000j:plain

f:id:kurouver-k:20190304202014j:plain

途中、こんな感じの置物が。

 ぐるぐるぐるぐると、私の苦手な螺旋階段を登って、やっと上に来ました。

 すごい~~~なんだか感動的でした。

 警備員の人が1人。

 ヤバい~~怒られると思ったら、どうぞ上がってみて下さいって感じで招きいれられました。

 私が来たとき、だれも居なくて、その光景、独り占め。

 警備員さん、私の写真を写してくれました。f:id:kurouver-k:20190304202219j:plain

 そのうち、観光客の人が上がってきましたが、

 その光景に見とれて、なかなか離れられなかったんです。

 

f:id:kurouver-k:20190304202330j:plain

 この写真、写していると、警備員さんから注意が・・・

 周りの仏像は写真撮影禁止だったんです。

 知らなくて撮ってしまったんだけど・・・

 私は、周りの仏像と、この仏さんの相乗効果がすごい感じを出してるのかなと思って

 絶対撮りたかったんです。

 一見の価値がありますので、是非お勧めしたい場所です。

f:id:kurouver-k:20190304202425j:plain

 降りて来て、エラワン象博物館を後にします。

 

f:id:kurouver-k:20190304202452j:plain

 タイの各曜日の神様がお見送りしてくれました。

f:id:kurouver-k:20190304202601j:plain


やっぱりすごい迫力です。

 

f:id:kurouver-k:20190304202710j:plain

タイのポスト発見

f:id:kurouver-k:20190304202745j:plain

ATMの機械もありました。
お腹が空いたので、、、

 

ここで、休憩~~~

 

 

 

 

    続きはこちら

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.clover-k2017.com

 

 

   

 

プリンスパレス・ホテルについてはこの記事でも書いてます。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.clover-k2017.com

 

エラワン象博物館の事はこの記事でも書いてます。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.clover-k2017.com