clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

フカヒレとベトジェットエアーでチェンライへとドイトゥンパレス-タイの旅(2019年6月)パート2

(2019.6.24更新)

 

 この旅ブログの始まりは

    ↓ ↓ ↓

www.clover-k2017.com

 

登場人物:私・かず(親友)・めむちゃん(2,007年から友達のタイ人女性)

・あんちゃん(めむちゃんの妹)・チェンライの運転手さん(今回運転手付きタクシーを借りました)

 

1バーツ=3.49円

 

(2019年この時のレートで計算しています。)

 

1 中上魚翅店(TONG SIENG SHARK'S FIN)

中上魚翅店(TONG SIENG SHARK'S FIN)

   ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

   グーグルマップです。

店名:中上魚翅店(TONG SIENG SHARK'S FIN)

住所:901/33 หน้าหมู่บ้านเลคไซค์ (บางนา-ตราด กม.5.5)
   Bang Kaeo Samut Prakan 10540 タイ

営業時間:11:00~21:00

定休日:月曜日

 

スワナプーム空港に着きました。

何を食べましょうか?

という事で、かずがフカヒレ食べたいって言う事で、

あんちゃんが調べてくれました。

バンコクの中心部ならフカヒレ行きたいところはあるんだけど、

次の日、チェンライに早朝スワナプーム空港から向かうため、

今日はめむちゃんの家に泊めてもらいます。

めむちゃんの家は、スワナプーム空港とバンコクの中心部の間にあって、スワナプーム空港から20分ほどのところです。

めむちゃんの家からバンコクの中心部まで1時間くらいの位置にあります。

f:id:kurouver-k:20190622144405j:image

かずの要望であんちゃんが、急遽見つけくれたふかひれ店。
f:id:kurouver-k:20190622144230j:image

道を挟んで向かいのお寿司屋さんは、shichiという名で、お庭に大きなアヒルのオブジェが、、、
f:id:kurouver-k:20190622144334j:image

メニュー表に日本語表記も。
f:id:kurouver-k:20190622144331j:image

やっぱりふかひれ店なので、そこそこの値段はします。
f:id:kurouver-k:20190622144241j:image

アワビもこのお店の売りみたいです。
f:id:kurouver-k:20190622144327j:image

カチカチに凍った、おしぼり。

これも結構タイならではですね。

f:id:kurouver-k:20190623144717j:image

ふかひれスープ来ました。

500バーツのを3個頼みました。

少しグツグツ感がないけど、熱々です。


f:id:kurouver-k:20190622144251j:image

最後のふかひれスープは、グツグツでした。

ここのふかひれスープは、少し味が濃い目の濃厚なスープ。

f:id:kurouver-k:20190623145009j:image

パクチー別添えで。
f:id:kurouver-k:20190623145317j:image

タイの野菜と椎茸の煮物

これも美味しかった。


f:id:kurouver-k:20190623145015j:image

蟹ご飯。

蟹みそと蟹の身少しを、土鍋でグツグツ炊いたもの。

蟹の味わいが味わえて、最後におこげが出来る。そこもまた美味しかった。


f:id:kurouver-k:20190623145022j:image

クンオプウンセン。

これも、お店によって味がすごく変わります。

ここのは、生姜がすごくきいてました。

でも、日本人には食べやすいタイ料理。

辛いもの苦手な人も大丈夫。

 

以上の料理とビール2本とコーラ2本で2,000バーツ(6,980円)くらい

f:id:kurouver-k:20190622144123j:image


f:id:kurouver-k:20190622181554j:image

この日は、火曜日のためか、お客さんが誰もいなかった。

でも、気がついたら誰か食事してたので、割と家族経営の食堂なのかしら?

従業員の食事風景。

日本語少しだけ喋れるおかみさんがいた。


f:id:kurouver-k:20190622144305j:image


f:id:kurouver-k:20190622175018j:image

きっと中国語のことわざなのかな?

 


f:id:kurouver-k:20190622144423j:image

めむちゃんのお家に到着。

マンゴスチン4kg買っててくれた。

今の時期高いそうです。

昔は、4月〜6月は最盛期で安いのに、最近は、変時期に安くなっては、安いだろうなと思った時期に高かったり。

訳わかりません。


f:id:kurouver-k:20190622144844j:image

マンゴスチン、美味しかったよ。

2  Vietjet AIR(ベトジェットエアー)でチェンライへ

 

www.vietjetair.com

 

6月12日(水)


f:id:kurouver-k:20190622144409j:image

朝、3時50分起床。

家を4時30分出発。

6時30分のチェンライ行きの飛行機に乗るために早起きしました。

行きがけ、セブンイレブンでコーヒー購入。

タイのホットコーヒーは、マドラー兼用のストローが、付いてた。

めむちゃん、はじめは気がつかなかったけど、部下とコーヒーを買いに行った時に教えてもらって知ったそう。

でも、ストローで、熱いものを飲むと怖いけど、慣れてきたら、日本のストローと違って、分厚いからくちびるを火傷しなくていいから、よく考えてあるって思った。

マドラーだけの機能だったら、使ってすぐに捨てられそうだけど、ストローならコーヒーが終わるまでそこにあって、コーヒーのカップと一緒に捨てるから、ポイ捨てが減るのかな?

なんて、考えたりして。


f:id:kurouver-k:20190622144431j:image

めむちゃんの車の中にあったもの。

柔らかいナイロン素材で出来ていて、中にお金が入ってるんだって。

王様とか、偉い人の祝賀の時に投げるそうなんだけど、


f:id:kurouver-k:20190622144834j:image

細かい作業で、すごく綺麗に作られています。

タイ人ってすごく手先が器用なんですね。


f:id:kurouver-k:20190622175112j:image

再びスワナプーム空港にやってきました。

夜に見る空港はひときわ綺麗です。


f:id:kurouver-k:20190622175109j:image

タッチパネルの飲み物の自動販売機があった。

さすが空港ですね。

タイには自動販売機がまだまだ少ないんです。

 

ベトナム格安航空券ベトジェットエアーのチェッインカウンターは、Kでした。

全て手荷物で、チェック。

1人7kgまで、OKです。


f:id:kurouver-k:20190622145012j:image

Vietjetチェックインカウンター

 


f:id:kurouver-k:20190622144417j:image

替えた両替は、全てカービングナイフの代金に消えてしまったので、もう一度、地下1階の両替所に。
f:id:kurouver-k:20190622175001j:image

フリーwi-fiは、タイに来てから借りても大丈夫そうです。

安いところで、1日150バーツ(525円)

どのくらい使用出来るのかが問題だけど、、、


f:id:kurouver-k:20190622175032j:image

あまりにもギリギリになったので、搭乗口まで急ぎます。

スワナプーム空港は、広いので、沢山移動しなければならないのが難点です。

 

搭乗口からバスで飛行機まで行きます。

急いで来たのに、最後の人が来るまでバスが待ってて、結局10分〜15分は待ったかしら。

定刻6時30分のところ6時15分出発に早まっていたのに、その人を待つため、定刻の6時30分の出発になりました。

まあ、定刻だからいいけど。


f:id:kurouver-k:20190622144120j:image

日が昇ってきました。

いいお天気です。

いい日になるといいですね。


f:id:kurouver-k:20190622144414j:image

あんちゃんの取ってくれたチケット。

最後から4列目くらいの席。

 

バスが空港内を移動します。

端まで来たかと思ったら、まだまだ進んで、、、

6分〜8分は走ったでしょうか?

タラップから機内へ。

 小さな飛行機です。


f:id:kurouver-k:20190622144852j:image

乗務員さんの服装です。

かわいい格好ですね。


f:id:kurouver-k:20190622175038j:image

3列×3列のコンパクトな機内
f:id:kurouver-k:20190622145022j:image

機内にテレビがないから、安全ベルト操作方法は、添乗員さん総出で伝えてくれます。

乗り込むと同時に出発してました。

飛び立つ前に、説明してくれるんです。

ベトジェットエアーのキャビンアテンダントさん、

女の人よりも男の人の数が多いのです。
f:id:kurouver-k:20190622144358j:image

酸素吸入の説明。

本当は写真撮ったらダメだったみたいで、隣のかず、写真撮ってるところを注意されてた。

私は、こっそりと撮ったので、怒られずに済みました。)^o^(

f:id:kurouver-k:20190624081952j:plain

メニュー表の裏

f:id:kurouver-k:20190624082548j:plain

めむちゃん、60バーツのベトジェットのお水買ってました。

レオビールも60バーツだって。

f:id:kurouver-k:20190624082617j:plain

お腹すいた人用に、軽食も完備。

f:id:kurouver-k:20190624082646j:plain

しっかり食べたい人は、機内食もあります。


f:id:kurouver-k:20190622145018j:image

さあ、いよいよチェンライに着きました。

小さな小さな空港です。

f:id:kurouver-k:20190624082731j:plain

一定間隔の蘭のお花がお出迎えしてくれました。
f:id:kurouver-k:20190622144352j:image

ライオンエアー、写してたら、それじゃないよ、乗ってきたの。

ってめむちゃんが笑って言いました。

なので、乗ってきた飛行機も写してみました。


f:id:kurouver-k:20190622144312j:image

後ろのみしか映らないけど、、、
f:id:kurouver-k:20190622175007j:image

蘭のお花のお出迎え
f:id:kurouver-k:20190622144308j:image

チェンライ空港は、迷うこと無く出口に出れます。
f:id:kurouver-k:20190622144135j:image

出口を目指しましょう。
f:id:kurouver-k:20190622145002j:image

ただ今、6月12日(水)7時56分です。
f:id:kurouver-k:20190622144928j:image

下に降りたら、チェンライ空港の入り口が。


f:id:kurouver-k:20190622144130j:image

入り口付近で、生演奏してくれていました。

いよいよチェンライに来た感が増します。


f:id:kurouver-k:20190622144155j:image

去年も生演奏してくれていました。

去年は、子供達の演奏だったな。


f:id:kurouver-k:20190622144828j:image

傘でチェンライ感満載
f:id:kurouver-k:20190622144819j:image

預け入れ荷物が出でくるベルトも数少ない。
f:id:kurouver-k:20190622144202j:image

トイレを済ませて、出口へ向かいます。
f:id:kurouver-k:20190622175035j:image

荷物受け取りのところの出口を出たらこんな感じ。

f:id:kurouver-k:20190624083040j:plain

 

さあ、外へ出ましょう。
f:id:kurouver-k:20190622175102j:image

外からチェンライ空港の様子です。

3 山の上の離宮ドイトゥンパレスへ

 

ドイトゥンパレス

故プミポン前国王のお母さまシーナカリン王太后が

お亡くなりになるまで実際住んでいらっしゃった建物

お好きだったスイスの様式、またタイ北部のランナー様式の

要素をあわせた造りになっています。

周辺には、とても綺麗に整備されたお花がたくさんあります。

建物と庭園が一般公開されています。

各お部屋の解説が流れるトランシーバーを入り口で配布されますので、

それを聞きながらお部屋を見る事が出来ます。

(しかも日本語あり)

※お昼12時から1時間はお昼休憩で入場できません。

※皇族の方が今でもチェンライにいらっしゃった際は使用されます。

そのため、ご滞在中は休館となります。(建物内の写真撮影は禁止)

 

Google マップ

 

 

 

f:id:kurouver-k:20190624083314j:plain

 

あんちゃんがチャーターしてくれた車に乗り込みます。

去年も同じ会社で借りたので、去年と同じ運転手さんをお願いしたみたいです。すごく親切な人だったから。

1日丸々借り切りで、ガソリン代も込みで1,600バーツ(約5,580円)。

今回は、8時00分〜18時00分まで走り回ってくれました。

あんちゃん、すごく安いところを見つけましたね。


f:id:kurouver-k:20190622145006j:image

ここにも、巨大なワチラロンコン国王の肖像画が。
f:id:kurouver-k:20190622144838j:image

チェンライでは、いたるところ道々にパイナップルが売ってました。
f:id:kurouver-k:20190622175028j:image

運転手さんオススメで、買ってみました。

普通のパイナップルの薄切りと、小さなパイナップルの丸ごとの2種類。

f:id:kurouver-k:20190624083557j:plain

パイナップル2種類のうちこれは食べたこと無い。

小さな、パイナップル。すごくアッサリでした。
f:id:kurouver-k:20190622144212j:image

山の中をどんどんと進んで、赤おか族の村にやってきました。
f:id:kurouver-k:20190622144237j:image

お花が綺麗ですね。
f:id:kurouver-k:20190622144901j:image

こんなに山深いところ、すごく涼しいです。
f:id:kurouver-k:20190622144127j:image

この見える家々、別荘地かと思ったら、民族の方達が住んでるお家でした。
f:id:kurouver-k:20190622144347j:image

売店とお手洗いがあります。
f:id:kurouver-k:20190622175118j:image

お土産ものと、民族の特産のものが売ってた。

銀製品、天然石のアクセサリー、民族柄の衣装、飲み物、いろいろ


f:id:kurouver-k:20190622144151j:image

グーグル翻訳アプリを使って、知らないタイ語を写真に写したら、

翻訳してくれるよってめむちゃんが教えてくれました。

この場所に書かれた言葉は、こんな事書いてますって。

少し違うけどって。


f:id:kurouver-k:20190622175024j:image

ミャンマーの国境行く前に、道々のところにあるところ行きますか?という運転手さんのオススメで、プミポン前国王のお母様が暮らした山の上の離宮ドイトゥンパレスに、寄ってみました。
f:id:kurouver-k:20190622175011j:image

すごく多くの、観光客がいました。

って言っても、平日だからしれてるけど。


f:id:kurouver-k:20190622175122j:image

両脇にお店屋さん。

お腹が空いて空いたので、朝食を。
f:id:kurouver-k:20190622175131j:image

食べれるみたいです。
f:id:kurouver-k:20190622144219j:image

セルフになってました。
f:id:kurouver-k:20190622144831j:image

お盆を取って、おかずを選んで、お金を支払います。
f:id:kurouver-k:20190622144812j:image

私は、おかず2種類とご飯と目玉焼き。

目玉焼き2つ乗ってるのは、1つはかずが食べたいって。

f:id:kurouver-k:20190624083946j:plain

 

かずは、きしめんのような平たい麺のメニュー。
f:id:kurouver-k:20190622175004j:image

めむちゃんは、辛いのタップリかけてました。
f:id:kurouver-k:20190622144815j:image

ドイトゥンパレス

ニップルフルーツ。人参らしいけど、食べれない人参だって。

面白いので、種買ってみました。


f:id:kurouver-k:20190622144159j:image

ドリアンアイス発見!!!

美味しいかなと思って買ったら、なんか、美味しくなかった。

かず、全て食べてました。

やっぱり、生のドリアンが食べたい。


f:id:kurouver-k:20190622175127j:image

綺麗なお花、沢山咲いてました。
f:id:kurouver-k:20190622144247j:image

ドイトゥンパレスの入場券売り場。

全て回る人はとか、お庭だけとか、お年寄りはとか、子供はとか、いろいろ値段設定が違います。


f:id:kurouver-k:20190622175059j:image

こちらの方が、よくわかるかも。
f:id:kurouver-k:20190622174953j:image

ドイトゥンパレスの看板
f:id:kurouver-k:20190622144421j:image

ドイトゥンパレスの看板2
f:id:kurouver-k:20190622144225j:image

山の上の離宮ドイトゥンパレスの案内板

 

結局、中には入りませんでした。

 

詳しくはこちの方のブログでどうぞ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.saku-bangkok.net

さあ、次はどこに行くのでしょうか?

 

その前に休憩~~~

 

次のブログはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

www.clover-k2017.com