clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

タイ式ヨガ-ルーシーダットンってなに?

(2019.3.17更新)

 

ルーシーダットンって

皆さんは聞かれたことは無いですか?

ヨガをされたことがある方は、

1度は耳にされたことがある人もおられるのではないでしょうか。

ルーシーダットンとは、タイに古くから伝わる健康法です。 

今回はルーシーダットンについて考えてみましょう。

 

f:id:kurouver-k:20190317174927j:plain

 

1 ルーシーダットンっていったいなに? 

ルーシーダットンは、タイ語で、ルーシー仙人・修行僧、ダッ:伸ばす、

トン:正しい状態に戻す自分と言う意味です。

つまり、仙人の自己整体と言う事です。

仙人が修行の疲れをとるために行った自己整体が

起源となっていると言われていて、タイでは古くから伝えられてきました。

 

タイ式医療研究所から発行されているルーシーダットンに関するテキストの序文では、

タイ式体操ルーシーダットンの15の基本姿勢は

タイ人が持つ土地の知恵であり、

様々な面で健康維持や病気の予防や治療に有効なものである。

ルーシーダットンはこれらのことを自分一人で簡単に行うことができる。

と書かれていて、タイの知的財産であることが強調されています。

 

ルーシーダットンの目的は疲れを癒すことです。

 ルーシーダットン独自の呼吸法とポーズをあわせることで、血流を良くしたり、

 体の歪みを直し、筋力をつけたり、柔軟性を増したり、精神集中したり、

癒し効果が得られたりと様々な効果があります。

これにより、あらゆる不調が改善されると言われています。

手法には体を動かすだけでなく、

マッサージのように体をさするアプローチも行われます。

体の動きにも難しさはなく、血流を良くして体をほぐすことが中心になります。

 

独自の深い呼吸法とやさしいポーズで身体を整えていきます

繰り返し行うことで血流をしっかりとあげていき

身体の芯からポカポカ温まるのを感じられます。

ルーシーダットンは、本来あるべき状態に戻すことを目的としているので、

ポーズは優しいものが多く、柔軟性や筋力に自信がない方も

安全に楽しめることが魅力のひとつです

 

ルーシーダットンは元来、仙人がヨガの修行を行う際に

疲れを癒すために用いられたものであり、

ヨガに耐えうる肉体の維持が目的となっており、リラクゼーション効果を求めます。

ルーシーダットンはリラクゼーションによって体のメンテナンスを行う方法

と言えるでしょう。

 

ヨガとの違いは、ヨガが基本的には修行実践そのものとされているのに対して

(瞑想のための体の準備という側面もある)、

ルーシーダットンは修行によって疲れた身体を

それ以前の状態に戻す方法であるとされていて、

その2つには、微妙な違いがあります。

 

タイ式ヨガ-ルーシーダットンは、身体をもとの状態に戻すことと言えるでしょう。

 

 

2 ルーシーダットンエトセトラ

 

 ウィキペディアにルーシーダットンについて興味深いことが書かれていました。

 

ワット・ポー伝統医学校の卒業生である古谷暢基氏は、

ラーマ1世が収集しまとめたルーシーダットンの古典から

全ポーズを再現して、日本ルーシーダットン普及連盟を設立し、

日本での普及に大きな役割を果たした。

また古谷暢基氏は2006年の普及活動開始当初に、

「ルーシーダットン」と欧文字「Rusie Dutton」を

二段にしてなる商標の登録を特許庁に申請し、それが認可された。

 

これに対し、タイの政府関係者はタイ知的財産局が

タイの知財だとして異議を申し立て、日本政府に対して登録の取り消しを求めた。

この事件は日本ではさほど話題にならなかったが、

タイでは新聞の第1面に関連する記事が掲載されるなど、ある程度話題となった。

新聞記事には、保健大臣の「我々はこの事態を放置することはできない。

なぜなら、皆、Rusie Dut Ton がタイ人のものだと知っている。

そしてそれはラーマ1世の時代からそうなのだから」という言葉が掲載された。

事の重大性から日本の特許庁ではタスクフォースを作り、

無効審判をかけることになった。

2007年に商標登録は取り消された。

タイ側の主張に対して、古谷氏は次のように反論している。

(小木曽航平氏による要約)

 

①ルーシーダットンは本国タイにおいても限られた地域のものが知っている程度で、

タイ全国的に周知の語ではない。

さらには、日本でルーシーダットンがタイの伝統医学知識で、

健康法を意味することなどは知られていない。

 

②商標権者(古谷氏)は、2003年頃から現在まで100以上の講座を設置、

数百人のインストラクターを養成してきた。

2005年4月から日本初の「日本ルーシーダットン普及連盟」を主催し、

ルーシーダットンの普及に努めてきた。

 

日本ルーシーダットン普及連盟は、

「ルーシーダットンは本国タイランドでも深淵を学ぶことが困難」であるために、

商標登録については

「目的は独占にあらず、『日本におけるルーシーダットン黎明期において、

正当なるルーシーダットンの型と方法を広める為の一時的な“奇策”』」

であるとしている。

そして商標登録取り消しの決定について、

当連盟による日本でのルーシーダットンの普及、マスコミへの露出、勢力等が十分となり、

当連盟により日本のルーシーダットンのスタンダードの礎が完成されたとし、

商標活用目的はほぼ達成したため、登録商標を開放すると宣言している。

(実際は、商標の開放ではなく取り消しである。)

事件を受けてタイでは「局は法整備の遅れが‘海賊行為を許したことを認める」

という新聞記事が掲載され、このような事態を招いた法整備の不備が指摘され、

タイの財産であるはずの「土地の知恵」を

いかに外国の「権利侵害」から守るかという議論があった。

小木曽航平氏は、

「取消の理由は何より、日本の特許庁がルーシーダットンを

タイに固有な文化として認めて、タイの国民感情に配慮した道徳的な判断と、

日本とタイとの国際関係を意識した政治的な判断であったといえるだろう。」

と述べている。

2007年には、日本ルーシーダットン普及連盟は株式会社ルーシーダットンと名前を変え、「日本ルーシーダットン普及連盟」の商標登録を試みたが、認められなかった。

 

 

ルーシーダットンをめぐり、

こんなことが日本とタイの間であったなんて知りませんでした。

 

 

3 タイでのルーシーダットン

 

1788年にラーマ一世がアユタヤ王朝時代から続く古い寺院

ワット・ポーターラームの改修工事を行うことを決め、

改修された寺院は新たにワット・プラチェートポンウィモンクラーワート

と名付けられました。

この最初の改修工事のとき、ルーシーダットンの鋳像が

寺院内に設置されたといわれています。

このルーシー像が今日に伝えられるルーシーダットンの始まりとされていますが、

このとき作られたルーシー像は残っていません。

ラーマ3世の時代に、今日存続するルーシー像が彫刻されました。

ラーマ3世はワット・ポーの大規模な改修工事を行い、

ラーマ1世が製作した陶土でできたルーシー像は腐食しやすかったため、

亜鉛と錫を混ぜた材料によって作り替え、80体製作して、

ワット・ポーの回廊に配置しました。

またルーシー像やその姿勢をとることによって得られる効果について

詠った詩が作られました。

これらのルーシー像と詩の彫刻はその後、盗難に合うなどして多くが損壊しました。

現在では現存するルーシー像は24体で、どの詩がどの像に対応しているか判別できないそうです。

ラーマ3世はルーシー像と詩を写本させていて、

この写本のコピーを載せた「頒布本」を編集したテキストが

ワット・ポー伝統医学校から出版されていて、

これが全体像理解の根拠となっています。

タイ式医療研究所やワット・ポー伝統医療学校の教科書も、

ほとんどがこうした頒布本をもとに作成されていて、

頒布本の存在が、ルーシーダットンの文化的正統性を保証し、

それに権威づけています。

ルーシーダットンの写本には「この姿勢は〜を治す」という記述ありますが、

その姿勢がなぜそうした症状を治すのかという説明はされていません。

 

と言う事で、タイ式マッサージの総本山であるワット・ポー

に行かれた際には24体のルーシー像を見つけてくださいね。

 

f:id:kurouver-k:20190317175037j:plainf:id:kurouver-k:20190317175045j:plain

 

 ワット・ポーでは、毎朝8時から約30分間、

本堂東側のマッサージ・サービス・センター前で

ルーシーダットン体験が無料で受けることが出来ます。

飛び入り参加OKです。

しかし、寺院への拝観料100Bは必要です。

 

ワット・ポー

住所:329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang, Pra Nakorn, Bangkok 10200

アクセス:シャトルボートのターティアン船着き場よりすぐ

料金:寺院への拝観料は100B

時間:毎朝08:00頃から約30分間、雨天中止(ルーシー・ダットンは参加無料、ただし要拝観料)

www.google.com

 

 4 ルーシーダットンをやるときの服装

ルーシーダットンをやる時って何を着ればいいのでしょう。

体操するのだから、ジャージとTシャツとかでもいいわけですが、

タイ式ヨガって言うくらいだから、タイの服装をしてやってみてください。

おすすめは、やはりサルウェルパンツでしょう。

以前の記事にも書きましたが、

 

サルエルパンツは、よくヨガをする方とか、

 ダンスをする方に好まれてはかれています。

 格好いいし、なおかつ動きやすいので、

 ぴったりのアイテムなんですね。

 

www.clover-k2017.com

 

 

と言う事で、サルウェルパンツをはいて、

ルーシーダットンをぜひともやってみてくださいね。

 

5 まとめ

 ルーシーダットンは、身体をもとの状態に戻すための自己整体です。

ルーシーダットンをずっと続けることによって、身体を治していき、

血流もよくなり、健康に近づけます。

ルーシーダットンはリラクゼーションによって体のメンテナンスを行う方法

と言えるでしょう。

タイ発祥のルーシーダットンをタイのサルウェルをはいて、やってみましょう。

より良い効果が得られるはずです。

今度は、やさしいルーシーダットンについて書いてみたいと思います。

 

(この記事は、Wikipediaと日本ルーシーダットン普及連盟公式ウェブサイトを参考にさせていただきました。)