clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

サルエルパンツは勝負服になり得るか?

皆さんはサルエルパンツが

 

勝負する時にぴったりのパンツ

 

であることにお気づきでしょうか?

 

おかしな事を言ってるなって思ったあなたは、

 

サルエルパンツを深く知らない人ですね。

 

これを読めば、貴方もサルエルパンツの虜。

 

少し、サルエルパンツの事を考えてみましょう。

 

f:id:kurouver-k:20190214085533j:plain

 

 

1 サルエルパンツの起源

 

サルエルパンツとは、

 

股の部分を裾の近くまで下げて裾を絞った、

 

全体的にたっぷりと布を使ったパンツを言います。

  

イスラム圏の民族衣装で、ズボンの意味のサルールから、

 

きているネーミングのものなんです。

 

f:id:kurouver-k:20190214113737j:plain

こんな感じのズボンです。

 

股の部分がおしめのようにつながった下体衣を

 

サルールと呼ぶそうで、これをモチーフにデザインされたパンツが、

 

サルエルパンツとして呼ばれるようになったのが最初なのだそうです。

 

エスニックの流行とともにファッションアイテムとして登場してきました。

 

1977年にパリコレで登場し、

 

エスニックブームにのって一部で注目されましたが、

 

その後いったん姿を消します。


2002年頃から再び流行し始めて現在に至ります。

 

かつて1980年代にMCハマーという伝説的なダンサーがいました。

 

New Jack Swingという特徴あるサウンドは一世を風靡しましたが、

 

その時にMCハマーがはいていたものもサルエルパンツなんです。

 

MCハマーがはいていたので、ハマーパンツとも呼ばれています。

 

2 サルエルパンツの特徴

f:id:kurouver-k:20190215093608j:plain

 

服飾事典によれば、

サルエルパンツ(Sarrouel pants)とは、

 

『股下がなく、裾が輪になり、足を出す部分だけがあいているパンツのこと。

袋の底の両脇に穴をあけ、そこから足を出したようなパンツのことで、
スカートとズボンの中間のようなもの。』

 

と定義されています。

 

サルエルパンツの定義は、膝上がゆったりしていて、

 

股下が深く垂れ下がったことが特徴のパンツだそうです。

 

 

股下が深く、股下からヒザにかけてダボッとゆとりがあり、

 

ヒザから足首にかけてキュッと細く絞られているのが特徴です。


ヒザ上がダボッとしたゆるゆる感が動きやすく、

 

ヒザ下がキュッとしたシルエットがカッコいいというのが

 

人気の理由なんですね。

 

立体裁断だからシルエットがキレイと言うのも人気の一つのようです。

 

サルエルパンツは、ファッション性の豊かさと、

 

おしゃれ感を兼ね備えたファッションスタイルの

 

アイテムのひとつとされています。

 

つまり、格好よくて、なおかつおしゃれなんですね。

 

 

f:id:kurouver-k:20190215090514j:plain

3 サルエルパンツの利点

サルエルパンツの良い点を羅列してみますね。


① 体型をごまかせる

 

② ゆるふわシルエットがかわいい


③ 足の長さをごまかせる


④ はいててとても楽ちん


⑤  目立つ


⑥ 他の人とかぶりにくい


⑦ おしゃれ

 

⑧ 汗をかいた時に、足にペッタリくっつかない

 

⑨ 動きやすい

 

⑩ 風が通って涼しい

 

サルエルパンツは、よくヨガをする方とか、

 

ダンスをする方に好まれてはかれています。

 

格好いいし、なおかつ動きやすいので、

 

ぴったりのアイテムなんですね。

 

4 サルエルパンツの欠点

今度はサルエルパンツの悪い点を羅列してみます。

 

① 足が短く見えることがある


②  シルエットがはっきりしない


③ やや奇抜な印象を与える


④ 目立つ


⑤ 他人が見た時に好き嫌いが分かれる


⑥ だらしない印象を与えることもある

 

といった感じです。

 

サルエルパンツの、すごく知名度があるのに

 

はかれてない理由は、

 

1 上に何を着たらいいのかわからない

 

2 奇抜すぎる気がする。目立ちたくない。

 

3 動きずらそう

 

4   格好悪い

 

5   はきにくい

 

という事です。

 

私も最初は、見た感じでなんだか奇妙な格好だし、

 

動きにくそう、って思ってました。

 

でもいざはいてみると、ものすごく楽だし、

 

動きやすいし、格好良く見える気がするのです。

 

まあ、見た目に感じるものと、実際のはいた感じが、

 

こんなにも違うパンツはあまりないかもしれません。

 

サルエルパンツをはき出した人は、

 

ずっとリピートしてはき続けているんです。

 

サルエルパンツは、個性を出すのにうってつけだし、

 

楽々さが癖になるのでしょうね。

 

5 まとめ-サルエルパンツは勝負服になり得るか?

 

f:id:kurouver-k:20190215092344j:plain

少し目立つし、少し奇抜な恰好なため、

 

フォーマルな場所とか、目上の方への挨拶に行く時などに、

 

サルエルパンツをはいていくのは避けた方がいいでしょう。

 

 

アジアン的な恰好の好きな人に告白をするとか、

 

プロポーズをするとか、そういった場で

 

いつもは自分が着ないであろう恰好をすることは、

 

すごくインパクトがあるし、

 

「あ、自分の好みに合わせてくれてるのかな・・・」

 

と思って、成功する確率が上がること請け合いです。

 

だって、考えてみてください。

 

いつも無難な普通の格好しかしなかった人が、

 

自分のテイストに合わせてくれて、

 

ずっと違うアジアンテイストいっぱいのサルエルパンツで

 

目の前に現れたら、それだけで一気にテンションが

 

上がる事は想像つきますよね。

 

ただ、それは相手がアジアン好きな人に限られますけどね。(笑!!!)

 

もし、体型や足の長さにコンプレックスのある人は、

 

試してみる価値ありだと思います。

 

サルエルパンツのはかない理由に、上にどんな服を着たらいいのか

 

分からないって言われる方がすごく多いのだけど、

 

とくに変わった服を着る必要はなく、

 

いつも着ているラフな服

 

例えば、Tシャツとかポロシャツ、

 

やわらかめの白シャツ、トレーナー、デニムジャケット、

 

いろいろあります。

 

そんなに悩む必要はありません。

 

ただ、フリフリファッションには少し合いずらいかもしれません・・・

 

サルエルパンツを全くはいたことのない方は、

 

まず、あまり股下のダボ付きが無いものを選ぶと抵抗なく着られると思います。

 

ロング丈で股下のダボ付きが大きなタイプは、

 

エスニックファッションによく合います。


ちょっと見ると、ロングスカートのように見えます。

 

少し自分を変えてみようと思っていらっしゃる方は、

 

是非サルエルパンツデビューをお勧めします。

 

ぐんと行動的になる事でしょう。

 

新たな自分を発見してみませんか?