clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

タイの常識ベスト5

 

それぞれの国にそれぞれの文化があって

常識やマナーも当然違います。

その違いを知ってやはり旅行などに出かけた方が

トラブルも少なく良い旅行になる可能性が高くなりますよね。

 

今回はそんなタイ王国のちょっとした常識とマナーについてです。

 

 

 

 

 

 

1 お坊さん

 

f:id:kurouver-k:20190201110946j:plain

 

日本も仏教国としてタイ人に知られていますが、

日本では大乗仏教が一般的で、

タイの仏教は、上座部仏教と言われており、

国民の約95%が仏教徒です。

 

タイ人のIDカードにも宗教の記載事項があります。

日本の場合、全ての人が救われるという大乗仏教に対し

タイの上座部仏教では厳しい戒律と修行によって

救われるという教えになっています。

このためタイではお坊さんの地位は高く、

厳しい戒律を守りながら生きて行かなければなりません。

戒律により、飲酒、喫煙は御法度。

さらには女性に触れてしまうことも禁止されています。

 

旅行者であっても女性の方はお坊さんには

絶対に触れないように気をつけなければいけません。

 

バスや電車など交通機関でお坊さんと乗り合わせた場合も、

席を譲るなりして決して触れないようにしましょう。

また男性女性にかかわらず

むやみにお坊さんを写真撮影したり

馴れ馴れしく接するのも止めた方が良いでしょう。

タイ人にとってお坊さんは尊敬すべき存在であり、

我々外国人がお坊さんに向かって馴れ馴れしくしたり、

指を指したり無礼な態度をとるのは

タイ人から良く思われませんので注意して接することが大事です。

 

 

2 頭と足には注意

 

f:id:kurouver-k:20181204182023j:plain

 

 

タイでは身体の中で頭部が最も神聖な場所とされているため、

例え赤ちゃんや子供でも可愛いからといって

安易に頭を撫でたりするのはNGです。

 

もちろん年上のタイ人などにも失礼になるので

頭を触るなどの行為はだめです。

本気で怒られます!

 

そして頭が神聖ならば

足の裏が身体の中で最も不浄な場所とされています。

 

そのため、ソファで寛いでいたとしても、

テーブルの上に足を乗せたり

また足の裏を誰かの方向に向けるのも良くありません。

 

 

 

 

3 不敬罪

 

f:id:kurouver-k:20190201112948j:plain

タイ王国における不敬罪は、刑法第112条によって定められている。

国王、王妃、王位継承者あるいは摂政に対して中傷する、侮辱するあるいは敵意をあらわにする者は、何人も三年から十五年の禁固刑に処するものとする[9]— 刑法 第112条

1956年制定の当初は、刑期を「7年以下」と規定していたが1978年のクーデター後、

「国家統治改革団」の命令41号によって下限・上限が広げられ重罰化された。

この条項に書かれている行為を行うことは、

一般に「ご威光を侮辱する」と表現され、

「ご威光を侮辱する罪(すなわち「不敬罪」」とされる。

また、外国の君主、妃、王配(皇配)あるいは

元首を侮辱した場合も、別の条項によって罰せられる

 

不敬罪 - Wikipedia より引用

 

タイの不敬罪は世界中の中でも厳しいレベルのようです。

王族の方々への批判などの

ネット上の書き込みなどは絶対に止めましょう。

 

これは旅行者にももちろん適用され過去に

実際に逮捕された例もあります。

 

 

4 交通事情 道

 

f:id:kurouver-k:20190201114009j:plain

タイでも特にバンコクは地下鉄やモノレールが

あるのでそれを利用するのはバンコク

交通渋滞に巻き込まれないので

便利かとおもいます。

 

バンコク市内の電車は朝の6時〜深夜0時までの間利用できます。

(細かい始発、終電の時間は駅によって異なります)

そして日本と同様ラッシュアワー(6時から9時まで)の時間帯は

かなり混んでいますよ。

  (:http://www.sakura-bkk.com/trainmap.html)

 

 

このほか市民の足といわれている

水上バスもお値段も安くとっても便利です。

乗り方も簡単でとにかく行きたい方向の船にのれば

チケット代を回収しにきてくれます。

 

タクシーも日本よりは

お値段が安いので悪くはありませんが

渋滞する時間はさけて

夜市などに出かけてその帰りに利用すると

良いかとおもいます。

 

ただしその時にメーターのあるタクシーに

のるように気を付けてくださいね。

 

バンコクの道路事情は

幹線道路は何車線もあるのですが

たまに逆走するオートバイなどがあり

けっこう危険です。

レンタカーを借りて乗るのは絶対

おすすめしません。

タイの交通事故死は世界で1番という

ちょっと不名誉な統計もあります。

 

 

 

5 ドリアン

 

 

f:id:kurouver-k:20190201114527j:plain

 

ドリアンは「果物の王様」と言われています。

日本では結構お値段が張りますが

タイに行けば屋台で山積みにしてあり

リーズナブルに楽しむことができます

ただあの独特の匂い

夏場のゴミの臭い、ガス漏れの臭いに

形容されることもありますが

あのクリーミーで濃厚な味がたまらなく美味しいそうです。

 

日本人にとっての納豆のようなものではないかなと

思ったりしていますが

残念ながら私はタイのフルーツは大概何でも好きですが

ドリアンだけは未だに食べることは出来ません。

 

そんなドリアンですがあまりにも匂いがきついので

地下鉄への持ち込みは禁止となっています。

ホテルでも禁止になっているところが多いので

お部屋で食べようと思ってる方は

要注意ですね。

しっかり確認してから持ち帰ってください。