clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

タイの通貨と両替 絶対ここおすすめ

 今度の旅行先はタイです、

ってなった時にいろいろ気になる事の中に

両替問題がありますよね。

どこで両替したら得なのかが

行く国によって違うんです。

私はタイに行きだして20数年になるけど、

その間で得た知識(どこで両替したら得なのか)を

今回書いていきたいと思います。

 

 

f:id:kurouver-k:20181229105747j:plain

 

何回かタイに行かれてる方はご存知ですが、

今回、タイ旅行が初めての方のために、

タイの通貨のお話から始めようと思います。

 

 

1 タイの通貨って?

タイの通貨はB(バーツ)。

(2018.12.29現在 1B=3.39円)

 

 紙幣は20、50、100、500、1,000バーツが発行されています。

日本のお札は、1,000円札が野口英世、2,000円札が紫式部

5,000円札は樋口一葉、1万円札は福澤諭吉

お札の種類によってデザインが変わりますが、

タイのお札は、

全紙幣の表面には、

先代のタイ国王プミポン・アドゥンヤデートの肖像が印刷されていて、

ワチラーロンコーン新国王の肖像画の入った新紙幣も

2018年から発行されています。

なので、プミポン・アドゥンヤデート前国王の紙幣の新と旧

ワチラーロンコーン新国王の紙幣と3種類くらいの紙幣が

流通しています。

まあ、20、50、100、500、1,000バーツの数字で紙幣を見分けてくださいね。

 

20バーツ紙幣

f:id:kurouver-k:20181229122207p:plain

f:id:kurouver-k:20181229122604j:plain

f:id:kurouver-k:20181229123309j:plain

 

50バーツ紙幣

f:id:kurouver-k:20181229122217j:plain

f:id:kurouver-k:20181229123441j:plain

f:id:kurouver-k:20181229123450j:plain

100バーツ紙幣

f:id:kurouver-k:20181229123545j:plain

f:id:kurouver-k:20181229123552j:plain

f:id:kurouver-k:20181229123559j:plain

500バーツ紙幣

f:id:kurouver-k:20181229123632p:plain

f:id:kurouver-k:20181229123644j:plain

f:id:kurouver-k:20181229123653j:plain

1,000バーツ紙幣

f:id:kurouver-k:20181229123740j:plain

f:id:kurouver-k:20181229123732j:plain

f:id:kurouver-k:20181229124149j:plain

 

硬貨は25サタン、50サタン、1バーツ、2バーツ、5バーツ、10バーツがあります。

(100サタン=1バーツ)

でもサタンの硬貨は、

スーパーなどの買い物でのおつりでもらうくらいなので、

なかなか目にする機会がないと思います。

使う機会もあまりなく、

お寺に行った時にお賽銭として使うくらいでしょうか。

f:id:kurouver-k:20181229124355j:plain

 

20数年タイに行き続けていても、

お金を払うのに、もたもたしてしまう私です。

なので、小銭がお財布に沢山になっていって

大変なんですけどね。

日本でも、お店でお財布の中の小銭を全部出して

「この中から取って!!!」って言われるお年寄りが

たまにいますが、タイに行くとその気持ちがよくわかります。

 

 

2 タイに行くのに両替しなきゃ

 

 タイに行くからタイの通貨に両替しなきゃならないって焦ったりしませんか?

でも、焦って日本の銀行とか、空港内の両替のところで

両替をしないでください。

心配なのはわかりますが、そこをじっとこらえて、

日本円を持って飛行機に乗って下さい。

飛行機の中で買い物をしようと思ってるらっしゃるのなら、

タイの通貨しか使えないことは無いですから。

本人名義のクレジットカードと日本円も使えます。

どのくらいレートが違うのか、明記しておきますね。

 

【2018.12.29現在 1B=3.39円】

1万円両替すると、2,950バーツ

 

日本の銀行の場合

三菱UFJ銀行    2,577バーツ(1バーツ=3.88円)

みずほ銀行     2,570バーツ(1バーツ=3.89円)

 

日本の両替所の場合

大黒屋        2,667バーツ(1バーツ=3.75円)

大阪梅田アイギフト  2,717バーツ(1バーツ=3.68円)

 

空港内両替の場合

関西国際空港外貨両替ショップ   2,639バーツ(1バーツ=3.79円)

成田空港GPA外貨両替専門店    2,610バーツ(1バーツ=3.83円)

 

 

3 タイの国際空港の両替事情

タイの玄関口 スワナプーム空港に到着しました。

さあ、両替しなきゃってすごく焦ってきますね。

そんなに焦らないでください。

空港の中には多くの両替所があります。

数多くの両替所のレートはほぼ同じなので

どこで両替をしても大差はありません。

でもこのタイの旅行で使うお金を全て

ここで両替する必要はないですよ。

空港からホテルまでの移動する費用とか、

その日に使う夕食代など最小限にしてください。

バンコク市内には空港よりレートの良い

両替所が沢山あります。

自由な時間がある方は、市内の両替所で

両替チャレンジしてみてくださいね。

ツアーに参加されてるお客様は、途中両替所に寄るのかなど、

添乗員さんに確認してみてください。

 

  国によって空港内の両替所が、レートの良い

場合もありました。香港などはそうですね。

 

《追伸》

 

 スワナプーム空港内で、市内と同じレートで両替できる

場所があるようです。

地下1階のエアポートリンク乗り場の近くだそうですよ。

地下1階の中央付近、動く歩道があるエリア。
数店舗の両替所が市内とほぼ同じレートで両替することができるそう。

Super Rich1965  2,920バーツ(1バーツ=3.425円)

Value Plus  2,925バーツ(1バーツ=3.419円)

YENJIT EXCHANGE 

HAPPY RICH

今度、タイ旅行に行った時に確認してきます。

 

次は、タイ国内のクレジットカードの普及率について

のお話です。

 

4 タイのクレジットカード普及事情

 タイでは、観光地、観光客が集まりやすいホテルや高級レストラン、

デパートなど、クレジットカードが使える場所が限られているの。

 

タイの方でクレジットカードを持ってる人は多いんだけど、

クレジットカードを利用するのは、

主にATMでキャッシングをするのが多いみたい。

だからATMはバンコクの至る所にあって、

キャッシングの為に利用するのはすごく便利だよ。

もし、持って行った現金が足りなくなったら、利用してみてね。

でも、1回につき手数料(300バーツくらい)はかかるよ。

 

 

クレジットカードが利用できる場所

★観光客が集まりやすいホテル

★高級レストラン

★デパート

★デューティーフリーショッピングセンター

 

クレジットカードを利用できない場所

★ファーストフード店

★一般的な飲食店

★屋台

★タクシー・電車など交通機関

★市場

★露店

★個人商店

★郊外の街

 

少しずつ普及される場所は増えてきてますが、

まだまだ利用できない場所は多いです。

 

最近は、コンビニエンスストアでも使えるよ。

セブンイレブンは、300バーツ(1,000円くらい)から

カード使用可能という縛りがあるけど、

なかなかコンビニでそのくらいのお金は使わないときが多いよね。

ファミリーマート等の他のコンビニは、利用できるかは不明です。

 

クレジットカードを持っていったら便利なことに、ホテルに泊まるのに

デポジットを払わなきゃならない場合が多いです。

1,000バーツ~3,000バーツ(4,000円~1万円)くらい

ホテルの備品などの補償のためですね。

そういう時にクレジットカードを出して済ますことが出来ます。

(コピーを取られるけど)

チェックアウトの時に、心配ならきちんとクレジットカードの

コピーを廃棄してもらってから帰るようにしよう。

現金をデポジットとして渡した場合、チェックアウトの時その現金

を返してもらっても、後は空港に行くだけになって、空港の免税店で

頑張ってそのお金を使わなきゃならないのはとてもつらいですよね。

そのためにクレジットカードを持っていくのも、すごく有用だと思うよ。

 

タイで便利なクレジットカードの種類は、

★VISA

★Mastercard

JCB

 

です。やっぱり安心なVISAは、多くの店舗で利用できるよ。

最近JCBカードも使える店舗が増えてきて(20年前くらいは、使えなかった)

特典もいろいろあるみたいだから、カードを持っていらっしゃらない方、

考えてみてくださいね。

 

 

タイは日本人の観光客が多く、滞在している人も多いの。

そのため、JCBの利用も問題ないとされています。

それに、JCBが持つサービスである

JCBプラザ ラウンジバンコク」が利用できるんです。

場所は、中心部のBTS「チットロム駅」6番出口近く、

アマリン・プラザ9階(1階にマクドナルドがあるビル) 

 

  • 日本語で対応
  • 日本の新聞や雑誌を読むことができる
  • タイの観光情報の提供
  • ホテルやレストラン、ツアーなど各種チケットなどの予約
  • カードの紛失・盗難時のサポート(海外専用緊急再発行カードの即発行)
  • 荷物の当日中預かりサービス

など、いろいろあるみたいなので、利用してみてね。

 

5 タイの両替 絶対ここおすすめ

 

 バンコクの中心部、BTS「チットロム駅」の近くにおすすめの両替店があるよ。

これは、地球の歩き方とか、いろいろなブログが紹介してるから

皆さん1度は聞かれたことあると思うけど、

 

(3 タイの国際空港の両替事情のところでも支店を紹介してましたね。)

超有名な両替店Super Rich 1965の本店だよ。

上のSuper Rich 1965の本店をクリックしてもらうと、グーグルの地図に飛べるよ。

f:id:kurouver-k:20190103122957j:plain

 

そのSuper Rich 1965と同じレートでもっとサービスが良いのは、隣の

Power Exchenge

f:id:kurouver-k:20190103123050j:plain

f:id:kurouver-k:20190103123104j:plain

ここ、お水とかオレンジジュースがセルフサービスで飲むことが出来るよ。

Super Rich 1965よりもお客さが少ないから急いでる人はここを利用しよう。

 

この地域は、両替所が4店舗ありスーパーリッチタイランドはスーパーリッチ1965と兄弟喧嘩して別れた両替所で、グランドスーパーリッチはスーパーリッチタイランドから分裂した両替所だよ。近くにあるため、どこもレートは同じでお得だよ。

 

6 タイから帰るとき残った通貨はどこで両替するのか? 

タイでさんざんお買い物をして、沢山のお金が残ってしまった場合、

スワナプーム空港の中の

地下1階のエアポートリンク乗り場の近くで、

中央付近、動く歩道があるエリアで円に両替してください。

Super Rich1965   2,945バーツ(1バーツ=3.396円) 2,945バーツで1万円

Value Plus  2,945バーツ(1バーツ=3.396円)

YENJIT EXCHANGE 

HAPPY RICH

 

 少しのお金が残った場合、免税店で使い切るのも手ですね。

また、タイに行く事が決まってる方は、そのままタイバーツを持って

飛行機で帰って来てください。私はずっとそうしてます。

 

お金、クレジットカード、パスポートなどの盗難にあわあないように、

リュックは必ず前にして、ウェストポーチは必ず前にしてファスナーを

手で隠すように、本当に気を付けてくださいね。

さあ、楽しいタイ旅行になるように、気を引き締めて、行ってらっしゃい。