clover-kのブログ

タイが好き。タイ衣装が好き。ハンドメイドが好き。天然石も好き。そんなことを綴っていきます。

ウォンエンヤイ~メークロンまで-バンコクへ⑤(2013.6)

この旅ブログの始まりは

   ↓  ↓  

 

kurouver-k.hatenablog.com

 

 

登場人物:私・かず(親友)・メムちゃん(2007年から友達のタイ人女性)     

 

価格この時のレート(1バーツ=3.2円)で計算してます。

 

 

1 ウォンエンヤイ駅〜マハチャイ駅

6月15日(土)



12:30 定刻 ウォンエンヤイ駅出発。




メムちゃん、屋台でいろいろ食べ物とお水を買って来てくてた。


この列車、タイの人はタダです。

 

f:id:kurouver-k:20181204212153j:plain

 

私達は10バーツ(=32円)

 

f:id:kurouver-k:20181204211830j:plain

 

1時間たっぷり乗るのに、10バーツって。

 

f:id:kurouver-k:20181204212240j:plain

 

この列車すごい。

 

草とか木が列車の窓にあたって、時々(再々)草が顔にたたきつけられるの。

 

パシーって。

 

日本では考えられない、ものすごく近くに生い茂ってる木々

 

f:id:kurouver-k:20181204212353j:plain

 

それと、窓の外を見てると、線路沿いのものすごく近い場所が生活空間だったりするので、

 

人々の生活が垣間見えてすごく楽しい。

 

f:id:kurouver-k:20181204212507j:plain

f:id:kurouver-k:20181204212540j:plain

f:id:kurouver-k:20181204212612j:plain

f:id:kurouver-k:20181204212629j:plain

f:id:kurouver-k:20181204212654j:plain

15年くらい前にアユタヤまで列車の旅(約2時間)をした事がある。

 

それが初めての列車の旅。

 

その時も、やっぱり線路沿いの人達の生活風景が面白くて、

 

テンション上がってた。

 

まるで、手を伸ばせば届きそうなところにお部屋があって(列車から丸見え)

 

のんびりくつろぐ人々がいる。

 

なんだか、いいな~~って思うの。




タイでは、開墾して自分で家を建てて10年間クレームが出なくて、

 

住み続ける事が出来たら自分の土地になるって言うルールがあるみたい(メムちゃん談)昔の話かな?



きっと線路沿いの家はそういう風に自分で家を建てて自分の

 

土地にしたものが多いのかなって思ったよ。

 

f:id:kurouver-k:20181204213304j:plain

PM1:10   マハチャイ駅着

 

 

 

2  マハチャイ駅〜Ban Leam駅

ここからは急がなければならない。

 

f:id:kurouver-k:20181204213406j:plain



駅の構内を出て、

 

目指すは渡し船乗り場

 

f:id:kurouver-k:20181204213502j:plain

 

この駅、次に乗り換える駅とは離れていて、渡し船の船着き場に移動して、

 

対岸に渡り、そこから駅を目指すとなんとなく私は知ってた。

 

色々なブログで紹介されてたし、本にも少しちょこっと書いてたから。

 

でも、船着き場とか、次の駅は分かりやすい所にあるって私は信じて疑わなかったんだけど・・・

 

メムちゃんが居なかったら絶対、この乗り換え無理だったな~~~



メムちゃんが船着場の場所を聞いてくれて~~~

 

f:id:kurouver-k:20181204213737j:plain

こんな通りを通って、

 

「あ~~コーラタダでくれるって~~~」メムちゃんが言ってその場に近づくと・・・

 

「終わったって~~~」

 

メムちゃん。

 

 

f:id:kurouver-k:20181204213829j:plain

 

こんな通りを走って~~~

f:id:kurouver-k:20181204214101j:plain

 

急ぐ事、きっと10分くらいかな???

 

結構な距離だった。

 

やっと船着場について・・・

 

メムちゃん、渡し船の切符買ってくれたけど、いくらだったんだろうか???

 

f:id:kurouver-k:20181204214149j:plain

 

いよいよ乗り込む。

 

f:id:kurouver-k:20181210093143j:plain


 出発。

 

f:id:kurouver-k:20181210093239j:plain

f:id:kurouver-k:20181210093258j:plain


 船に乗る事わずか4分足らず、

 

すぐに着いた。

 

バイクが凄い勢いで移動していく。

 

f:id:kurouver-k:20181210093438j:plain

 

ここから、次の駅まで、道を聞きながら(メムちゃんが)

 

移動。

 

あまりの遠さに疲れもピーク。

 

途中、「もう無理だ~~~もう次の電車出ちゃったかも~~~間に合わないよ~~」

 

とメムちゃん。

 

だって、PM1:40には電車は発車してしまう予定。

 

もうすでにその時間は過ぎてた。



道に迷いそうになって、また道をたずねると、まだ発車してないかもという事で頑張って急ぐ。 

 

こんな大変な道のりだとは知らなかったから、私は自分のやりたい事を2人に無理強いしてしまってましたね。

 

本当にごめん。(今だから反省できるんだけど、この時は私も必死)

 

3  Ban Leam駅〜メークロン駅

 

駅が突然現れた。

 

まだ次の電車は来てなかった。

 

f:id:kurouver-k:20181210094322j:plain

 

線路沿いののんびり風景健在

 

f:id:kurouver-k:20181210094404j:plain

f:id:kurouver-k:20181210094430j:plain

 

f:id:kurouver-k:20181210094543j:plain

駅の切符売り場

 

 

f:id:kurouver-k:20181210094619j:plain

電車、来てるって思ったけど、

 

ここに飾ってるオブジェみたいな車両1両だった。

f:id:kurouver-k:20181210094801j:plain

 

メムちゃん、喉が渇いて売店でビール

f:id:kurouver-k:20181210094839j:plain

ビールがぬるいの~~~

 

冷えてないビール~~~

 

f:id:kurouver-k:20181210094930j:plain

 

気を取り直して、お散歩に行く事にした。

 
少し歩くと川沿いに出て来て、すごくにぎやかな声がしてた。

 

f:id:kurouver-k:20181210095146j:plain

 

f:id:kurouver-k:20181210095216j:plain

 

なんだか、お祭りがおこなわれてたみたい。

 

f:id:kurouver-k:20181210095306j:plain

 

こんな雰囲気の場所

 

f:id:kurouver-k:20181210095348j:plain

 

いろいろまったりしながら、そこに居たんだけど、

 

列車が来たよ~~~と人が呼びに来たので、みんなそこにいる人が大移動~~~。



駅構内ものんびりムード

f:id:kurouver-k:20181210095824j:plain

 タイっていたるところで食べてるし、飲んでるし、みんなが憩ってる

 

なんだかいいな~~~。

f:id:kurouver-k:20181210095923j:plain

 列車

 

入ってきました~~~。


やっぱりメークロンの

 

折り畳み市場をビデオで撮る為には1番前よね・・・

 

という事で、1番前の車両に・・・

 

f:id:kurouver-k:20181210100154j:plain



一番前に行こうとしたら・・・

 

もう席が取られてた。



メムちゃん曰く、警察官の場所だって~~~。

 

f:id:kurouver-k:20181210100329j:plain

 

この列車もタイの人はタダ

 

f:id:kurouver-k:20181210100509j:plain

f:id:kurouver-k:20181210100525j:plain

 

私達、またしても10バーツ(=32円)

 

これも1時間くらい走るの。

 

PM2:00  Ban Leam駅 出発 

 

   予定時間から遅れる事20分

 

 

f:id:kurouver-k:20181210100647j:plain

f:id:kurouver-k:20181210100715j:plain

 

この列車、

 

前の列車と違って、結構、緑、緑、緑の中を走る率高し。




途中から空の様子が怪しくなってきて~~~

 

ドヨーンドヨーン!!!。

 

f:id:kurouver-k:20181210100915j:plain

f:id:kurouver-k:20181210100935j:plain

 

f:id:kurouver-k:20181210101018j:plain

 

こんな風な所も走り抜け~~~

 

f:id:kurouver-k:20181210101154j:plain



雨が降ってきだして~~~




あ~~~もうすぐメークローンだって言う感じの時に、

 

カズにビデオを託して、

 

一番まえのところで撮ってって背中を押して前に行ってもらって

 

カズがビデオを構えると、

 

隣にいた警察官が扉を開けてくれたの~~~。

f:id:kurouver-k:20181210101342j:plain

 

運転席の隣にある席の所で

 

撮影出来たの~~。

f:id:kurouver-k:20181210101359j:plain

 

凄いよ~~~超雨の中の折り畳み市場の中を列車は行く~~



f:id:kurouver-k:20181210101508j:plain

 

でも、カメラを向けた観光客はすごく多し~~~。

 

f:id:kurouver-k:20181210101539j:plain

f:id:kurouver-k:20181210101600j:plain

 

この列車にも、日本人の観光客が3人乗ってた。



f:id:kurouver-k:20181210101802j:plain

 

この方がビデオ撮影をしやすくしてくださった警察官の方。

 


一緒に写真お願いしたよ。

 

メムちゃん、この方とおしゃべりしてた。

 

「観光客が増えて来て、こんな風に記念撮影に応じる事が多くなったから、

 

すごく慣れてきた。」って言ってたよ、って

 

やっぱりすごい観光客の数ですよね。



「列車に乗って帰りますか???」って警察官の人がたずねてたみたい。

 

「いやいや~~やっと着いたのに。」

 

f:id:kurouver-k:20181210101957j:plain


来たよ~~~

 

それも列車で~~~。

f:id:kurouver-k:20181210102054j:plain

 

乗って来た列車が出るよ~~~

 

f:id:kurouver-k:20181210102448j:plain

f:id:kurouver-k:20181210102510j:plain



凄い観光客の数~~~

 

なんだかある意味面白かった。

 

観光客を撮る私の図。

 

 

凄いヒーローです。

 

f:id:kurouver-k:20181210102646j:plain

 

みんながカメラを構えてフラッシュの嵐~~~

 

f:id:kurouver-k:20181210102728j:plain

 

って言う私も撮影してたけどね~~~。

f:id:kurouver-k:20181210102810j:plain

 

列車は行ってしまった。

 

次に移動しよう。

 

でも、その前に少し休憩。

 

続きは

↓ ↓ 

 

kurouver-k.hatenablog.com